【としきlab】3Dプリンターでのモノ作り
3Dモデリング、イラスト、3Dプリンター印刷、塗装工程を学ぶ中での気づきを情報発信
日記(作品作製記録)

ペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT」でイラスト練習(VOMS 磁富モノエさん2)

こんにちは、としきです。

現在、ペイントソフト、「CLIP STUDIO PAINT」でイラストを描いています。

今回は前回に続いてVTuberの磁富モノエさんの横からのアングルの絵を描きました。

側面のイラストは正面からみたイラストをもとに参考にはしていますが、イメージで書いているので難しかったですね。

書いて気がつきましたが、後ろに引いている足が本来、右足ですね。

直しておかないと。。。

ちなみに、正面イラストはこちらで書いています。

なるべく、正面と側面のイラストのサイズが一緒になるように、ガイドになる枠を用意して描いています。

ガイドは、モデリングソフト「Fusion360」の画面に40㎜から160㎜まで、40㎜おきに枠線を引いたものをコピーして下絵としています。

なぜそれをするかといえば、このイラストを下絵にして3Dモデルを作りたいからですね。

ここで、サイズを合わせたことで、正面からのモデルと側面からのモデルの下絵をなぞるようにモデリングソフトで形作れば、イラスト通りの形が出来上がります。

今回の下絵をもとに一度3Dモデル作成に取り組んでみようと思います。

※2020年9月追記

ペイントソフトのレイヤー機能を使って正面からのイラストを半分透過させながら、別のレイヤーに側面からのイラストを描く方が下絵作成は簡単でした。

それでは(^^)ノシ

ABOUT ME
toshiki
初めまして。3Dプリンターでモノ作りをするために、現在モデリングと印刷の仕方、塗装を勉強しています。 モデリングは、Fusion360。3Dプリンターは、Qholia(クホリア)という装置を使用しています。 学びながら作製したものを投稿していきたいと思います。 (時々、関係ない雑談もはさむかもしれません。) 少しずつ成長していき、見て楽しんでいただけるような作品を作りたいと思います。